autumn

autumn

2018summer

2018summer

タイミングベルト交換です

今ではタイミングベルトを使った車両が少なくなってきました。と言うのもチェーンの性能が飛躍的に上がったからです。昭和50年代頃もチェーン駆動のエンジンはありましたが、チェーンの性能が悪く、伸びてしまい、タイミングのずれが生じ、エンジン不調になってしまうのでした。そこで、タイミングベルトが出てきて10万キロごとに交換してくださいとなったのです。今回もベルトを外さないと交換出来ない冷却水のポンプ(ウォーターポンプ)も同時交換しました。同時交換なので、費用も抑える事はできますし、部品代の追加ですみます。お客様の負担を意かに抑えるか、「お客様の利を考えた行動」朝礼などの機会があるごとに話させてもらっています。整備においても、関連した箇所を同時に整備する事は工賃を抑え、費用を押さえることのできる一つのやり方かと思います。

またまたエンジン乗せ変え作業

一年に数件はあります。エンジンの乗せ変え作業です。原因の殆どはオイルメンテナンス不良です。エンジンオイルはエンジンの血液、血液が古くなってしまえば、すべりも悪くなるし、老廃物も運ばなくなります。定期的な交換が必要です。
ロータス工藤では一ヶ月間に一回オイル交換特別企画を実施しています。もう一つの自社ホームページに詳しい事が載っています。ご覧下さい。
http://www.lotas-kudou.co.jp/

錆びは放っておけない

写真は年式も古い車輌のガソリンタンクですが、タンク上部がさびでぼろぼろの状態で、満タンにするとガソリンが漏ってくる状態でした。車は生活を助ける優れた道具ですが、メンテナンスを怠ると予定外の出費に繋がります。定期的なメンテナンス。12ヶ月の定期点検をお勧めいたします。車輌は一年に一回は分解整備しましょう。自社では一年二万kの保証を軽自動車、乗用車に付けています。業界最長の保証がロータスにはあります。
http://www.lotas.co.jp/security.html
上記ページもご覧下さい。ロータス保証制度の説明です。

間もなく完成です。

オイル漏れで入庫したZ32ですが、年代もので端子のプラスチックがもろくなっていて、取り外すたびに詰めが折れる次第でした。寒河江のタイコー電気さんの力をお借りして端子加工を施し、ようやく使えるくらいまで仕上がりました。間もなく完成です。長期の作業でした。

5月オイルウィークリー

5月もオイル交換ウィークリーを開催する事となりました。期間は15日~22日、料金はチラシにあるとおりです。オイルは機械の血液です。人間の血液は常に浄化され新しく作られ、使われなくなったものは排出してと規則あるサイクルで回っていますが。機械はそうは行きません。人の手で新しいオイルを入れ替えしてあげなくてはなりません。少しでも機械を大事に長持ちさせたいという方々のお手伝いをしていきますので、この機会に来店いただければと思います。


全 7件。現在、1件から、7件を表示中
全 1ページ。現在 1ページを表示中

1